華やかな街・銀座で美容外科を探し美容外科を受ける

シミ・シワ・たるみの解消

手鏡

■シミ取り
肌に紫外線があたると、紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されます。
新陳代謝が活発な若いうちは、生成されたメラニンを分解することができます。しかし、年齢を重ね、新陳代謝が衰えるようになると、生成したメラニンを分解することが難しくなります。
分解できなくなったメラニンは加齢と共に次々とシミになっていきます。これを、老人性色素斑といいます。
年齢を重ねるとシミが増えるのには、こういったメカニズムがあるのです。
シミ取りには、まず分解されなくなったメラニンを、何らかの方法で除去する必要があります。
銀座の美容外科では、メラニンを除去するために美容レーザーを用います。特殊な波長のレーザーを肌に照射することで、肌の深部にまでレーザーのエネルギーが届き、衰えてしまった新陳代謝の最活性を促すのです。肌の持つ新陳代謝を復活させることで、メラニンの分解を促進することができ、シミのない美肌を取り戻すことに役立つのです。

■シワ取り
シワには、加齢によってできるものと、筋肉の働きによってできるものがあります。
例えば、笑ったときには鼻の両側面から口元にかけて深いシワができますし、怒ったときには眉間にシワが寄ります。こういった笑いシワや怒りシワのことを、まとめて「表情シワ」と呼びます。
通常、表情シワはその評定を浮かべているときにだけ現れます。しかし、あまりにも頻繁に笑ったり怒ったりするとシワが癖になってしまうことがあり、表情を浮かべていないときでもシワが取れなくなってしまうのです。
笑ったときにできるシワは、頬と鼻との間にくっきりと深く刻まれてしまい、年老いた印象を強く感じさせます。美を追求したいと考える人にとって、このシワは是非とも解消したいものでしょう。
銀座の美容外科では、こういったシワを解消するためにシミ取りレーザーを用います。シミ取り用のレーザーとは違った特徴のあるレーザーを照射し、皮膚下にある細胞に直接刺激を与えます。これによって、きめ細かい肌を作るために必要不可欠な、コラーゲンの増生を促すことができるのです。コラーゲンが増えると、肌の細胞が規則正しく並ぶようになり、潤いとツヤのある美しい肌になります。

■たるみ解消
加齢と共に、筋力が次第に衰えてしまいます。筋力が衰えると肌から張りが失われ、自重で垂れ下がってしまいます。これがたるみです。
特に、頬にはたるみが顕著に現れます。頬の肉を支えきれなくなってしまい、頬がたるんでしまうと、実年齢よりも5歳は年上に見えるといいます。
また、頬の皮膚がたるむと周辺の皮膚も引っ張られてしまい、これが原因で不自然な位置にシワができてしまうこともあります。たるみを放置していると、顔の老化は加速度的に進行してしまうのです。
銀座の美容外科では、たるみを解消するためにリフトアップの施術を行っています。リフトアップとは、特殊な糸を利用して皮膚の下から筋肉や皮膚を支えるという施術のことです。糸を皮膚下に埋め込むために、手術が必要となる場合が多いです。しかし、銀座の美容外科では皮膚を切開することなく、つまり手術することなくリフトアップをすることができる、特別な施術をおこなっている美容外科もあります。
その方法とは、特殊な繊維を注射することでコラーゲンの生成を活発化し、その効果でたるみを解消するというものです。注射するだけで良いので、肌に傷がつくことはなく、術後の生活にもまったく支障はでません。注入する量や場所によって仕上がりを変えることができるため、ひとりひとりに合ったたるみ解消の方法を実践することができます。