華やかな街・銀座で美容外科を探し美容外科を受ける

バストアップ・バストライン

指示棒を持った女性

■バストアップ・バストライン
豊かな胸、綺麗な胸。女性としては、ぜひとも手に入れたいものでしょう。そのための方法として、これまで一般的であったのはシリコンバッグの挿入です。胸を切開して内部にシリコンが詰まったシリコンバッグを入れることで、バストアップを確実に成功させることができます。
しかし、シリコンは人工物です。人体との適合性は個人の体質によって異なります。そのため、人によってはシリコンバッグを埋め込むと拒否反応がでてしまう場合があります。また、万が一シリコンバッグが皮膚下で破裂してしまい、シリコンが漏出してしまうと、健康的に大きな問題となります。その他にも、豊胸術を受けたことが明らかな胸の膨らみ方になってしまうなど、シリコンバッグを埋め込む豊胸術にはデメリットも多いというのが実情です。

シリコンの代わりとして、現在主流になりつつあるのがヒアルロン酸の注射です。ヒアルロン酸はシリコンとは異なり、元々人体に存在する成分です。そのため、拒否反応がでることはありません。また、肌を切開することなく、注射するだけで施術が終わるので、身体への負担も小さいです。ヒアルロン酸を注射する量を変えることで、違和感のないバストアップを実現することもできるため、非常にメリットが高いのです。

この他、自分の身体から採取した脂肪をバストに埋め込む、という脂肪注入豊胸術もあります。もともとが人体の一部であるため、非常に定着率が高く半永久的に効果が持続することが魅力です。ヒアルロン酸は人体に吸収されてしまうため、一定期間でバストサイズが元に戻ってしまいますが、自分の脂肪を埋め込むという方法であれば効果が永続するのです。
気軽に利用するのであればヒアルロン酸、この先ずっと豊かな胸を維持したいというのであれば脂肪注入豊胸術と、人によって方法を選び分けることができます。

美容外科によって、利用できる方法が異なっています。そのため、希望する施術が受けられる美容外科を選ぶことが重要です。銀座で美容外科を探すときには、どういった施術方法があるのかをしっかり確認してから利用するようにしましょう。